Top

Profile

操体法の紹介

耳慣れない語句ですが、簡単に言えば、「自分で行う整体術」と思って下さい。整体の技法は、いろいろありますが、緊張と弛緩を使った技巧です。故橋本敬三先生が開発して、多くの後継者の皆さんが自分自身で行うことができるものに進展させてきました。
肩凝り、腰痛、膝痛などや、耳鳴り、偏頭痛などには身体の歪みが原因の一つになっていることが多くあるようです。これを改善することを目的に考案されています。
実践の基本は、次のとおりです。
①相対する二つの動作のどちらが気持ち良く感じるか、やってみて調べる。
②気持ち良くできる方の動作を4カウント4回ゆったりと行う。
これだけです。
やりにくい動作を無理やり頑張ると、余計歪みが強くなり、不快な症状も治りが悪くなります。気持ち良くできる動作を繰り返すことが、良い結果を生みます。
石川県下では、この操体法を指導している者は私を含めて極稀です。V10にてご案内しております。

プログラム

操体法